« トリノ風グリッシーニ | Main | 春の光に包まれて。 »

03/19/2006

美しさのピークって?

30代、40代の女性をターゲットにした
ある女性雑誌の今月号のキャッチコピーは、

「美しさのピークはこれから!」

~今の私たちなら、20代より30代はもちろん、40代、50代、60代と
輝きが増していく人生を素直に信じることが出来る。
「美しさのピークはこれから!」
そう信じることができる人が、きっと、これからのいい女。~

さあ・・これから美しく歳を重ねていくわよ!
そんな挑んでいくような心持ちになって、
なんだか元気や勇気が沸いてきます。

でも・・
ピークがあるってことは、
それから先は下っていくってこと?

それとも、
死ぬまでピークをずっと追い続けていくってこと?

私は、女性の美しさに関しては
ある年齢あたりからは、静かに発酵していくかんじを
イメージしているのですが、いかがでしょう?

中年、高年、壮年・・・。

中年(40代位まで)は
まだ外に対して自分をアピールしたいエネルギーが、いっぱい。
意欲的に美の追求に挑んでいくイメージです。
例えるなら宝石。

壮年(70代くらいから?)は
今までに蓄積されてきたものが、
内側でじっくりと熟成されて、外に直接アピールするわけではなく、
味わった者だけが知るおいしさの様なイメージ。
例えるなら納豆やお味噌、チーズ。

そして高年(50代、60代)は
宝石を身につけながら、お味噌などを仕込んでいる・・
というイメージでしょうか。

今よりももっと輝いている自分をイメージすることは
とても大切なことだけれど、
今、この瞬間の輝きや満足感を一番大切にしたいな。

だって
これらの積み重ねがどんどん発酵していって
誰にも真似のできない良い味を作り出してくれるんですもの。

美しさとはちょっと違う、
熟成というイメージで年齢を重ねられるといいな、と思っています。

 

« トリノ風グリッシーニ | Main | 春の光に包まれて。 »

「つらつらつづり」カテゴリの記事

Comments

ウン、ウン、納得です♪
美しさって、見た目だけでなく、ひとそのものだな~と思う近頃。
若い世代も美しいけれど、個性的な熟年世代もとてもチャーミング。
まだまだ修行が足りないけれど、酸いも甘いもかみ分けたチョイ悪オバンになりたいの!

おはようございます♪

自分をいくつになっても輝かせるのも、
錆びさせてしまうのも(笑)
日々の過ごし方や考え方で大きく変わってしまいますね。

私もまだまだ修行が足りません。

でも、ゆっくり頑張ります♪

junさん、
チョイ悪オバン、良い響きね!

到底まねのできない世界を醸し出す、
カッコイイばあちゃんに憧れます。

私たち、
きっとこれからもこう言うことを言い合って
めざすばあちゃんになっていけるような気がするわ!!

ママ、こんばんは~~。

時間は本当に音も無く過ぎ去っていくから
時々、立ち止まって感じることが大切ですよね。

お姉ちゃんと彼君のツーショット写真を拝見して、なんだかドキドキしちゃった。
若さとはじけるようなパワー。
自分にもあったのに、今は二度と手に入れることのできないもの。

その世代ごとの美しさや輝きを
その時々に十分楽しまなきゃ・・ね。

同じような仲間との修行は楽しいもの♪
私もご一緒させてね。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« トリノ風グリッシーニ | Main | 春の光に包まれて。 »