« December 2005 | Main | February 2006 »

January 2006

01/31/2006

今年のお味噌、仕込み完了♪

毎年この時期に、一年分のお味噌を仕込みます。 もう・・かれこれ10年になるでしょうか。 一年で一番寒いこの時期に、 大きなお鍋でコトコトお豆を炊いて仕込む半日は あったかで、静かで・・心落ち着く時間なのです。 時間を節約・・と、圧力鍋を使ったこともあるけれど、 炊き上がったお豆の風味が全然違います。 じっくりことことと柔らかくなったお豆さんは、 ふんわりと甘みの広がる、優しいおいしさなんですよ。 米麹、大豆、お塩で仕込んだお味噌はこちら♪ 06013022 やさしい色合いでしょ? この色だけでもう満足感があります(笑) この上に重石をして一ヶ月。 ぐるんとかき混ぜて半年間。 ゆっくりお休みいただきます。 時々ふたを開けて、ご機嫌を伺いながら、 秋が始まる頃の試食タイムを心待ちにします。

01/29/2006

今宵は炭火で焼肉っ!!

06012821

今夜のメニューは焼肉だーい!

炭おこしから主人は気合いが入っています。
お肉にも、にんにくの下味を付けたりしてね。。

こういうことって、男の人はこだわって
仕切りたがるものなんですよね。
おもしろいわ!

煙がすごいので、ダイニング一部屋を締め切っての炭焼きです。
換気扇全開。
それでも目が痛いの、煙で時計が見えない・・のと賑やかです。

家族でワイワイ焼肉、楽しいですね。

それぞれがこだわりがあって、おもしろい・・。

豚トロには塩とレモン、
焼きおにぎりにはやっぱり醤油などなど・・・・。

炭焼きは遠赤でパリッとジューシー、すごい満足感です。

本日の具材は
カルビ、豚トろ、手羽中、鳥皮、ウインナー、野菜いろいろ。
そしてグリーンリーフを巻いていただきました。
おにぎりも忘れてはならないアイテムね!

おうちで炭火焼肉。

次の日のお部屋はスモークされて、ちょっと嫌なのだけれど、

みんなで楽しい時間を共有する楽しさの究極の形として
お家焼肉があるのかも・・・。

暖かい炭を囲んでみんなの笑顔と会話。

ここち良いな~~~と思える、おいしくって安らかな時間です。

 

01/15/2006

「とうちゃんは大ちゃんのこと大好きだから」

息子は今15歳。今春、高校生になります。 とかく初めての子どもに、 親は思い入れが強くなってしまうものです。 活発な男の子になって欲しい・・という親の思いとは裏腹に 小学生の頃の息子はよく泣かされて帰ってくる子どもでした。 そんな度ごとに主人は 「とうちゃんは大ちゃんのことが大好きだから、 どんなことをしても助けてあげるから・・。」と いつも、いつも、いつも息子に投げかけていました。 きっと本や誰かからの受け売りではなく、 こころの底から溢れ出る、魂の言葉。 だからこそ聴いている者に、じんわりと染み込んでくるような言の葉たち。 こんな風にさらっと言えるこの人は、 本当に温かい心を持ったひとなんだろうなぁ~~ 横で聴いていた私は、 自分に無いものを持っているこの人に 嫉妬に似た気持もちょっぴり感じたり・・・。 それでいて こころの根っこの部分で、 あ~~いい人と出会ってよかったなぁ・・とほっこりするのでした。 今日、1月15日は結婚記念日。 中華料理屋さんで家族4人でお祝いしました。 明日からは19年目が始まります。 美容院で髪をカットしたら、すぐに気が付いて 「あっ・・髪切った?似合ってるやん。」なんて言ってくれていた頃もあったのに、 最近じゃ、気づいてくれさえしないのよ・・・。 でも・・まあ、いいっか。 出会った頃に直感した相手の良さが 18年の暮らしの中で、じんわりとしっかりとした手ごたえで 間違いなさそう・・かな?と実感できるのは なんだかウキウキと幸せなことだと思えるのです。 はて・・・ 相手はどう思っているのでしょうか。 身勝手なこの性分、せいぜい愛想つかれないように 気をつけておかないといけないようです。。

01/11/2006

マ~ブル米ぬか石けん

12月に作った石けんが熟成を終え、出来上がりました。 植物オイルはオリーブオイルと米油を使ってみました。 オプションの米ぬか大さじ1、 ココアパウダー(バンホーテンココアね!)大さじ2で マーブル模様にして・・・。 ココアの保湿効果を期待して・・の、洗顔用石けんなのですが 乾燥するこの季節にはボディー用としても良さそうです。 今回は香り付けをしませんでしたが、 カカオとオレンジの精油なんてどうかしら? おいしそうな香りに仕上がりそうですよね。 06 先ほど試しに泡立ててみると、 とてもさっぱりとしたアワでした。 今晩使ってみるのが楽しみです♪

01/08/2006

ラベンダー香る露天風呂

P1060131

硫黄の内湯からドアを開けると、
ほのかにラベンダーの香りが風に乗ってきます。

ぴんと引き締まる冷たい空気と雪景色。

檜の浴槽の枠に腕を置いて顎をのせて
身体をぐわ~んと伸ばせば、ゆめごこち♪

あ~
来て良かったと思える瞬間。

天使が舞い降りてきそうなお湯

二日前からの雪で箱根の山々も雪化粧です。

小田原駅からバスで35分。
雪のために車が少なくて渋滞知らず、うれしいなぁ~~

本日の行き先は、仙石原にある
ウェルテル俵石(ひょうせき)というリゾートホテルの温泉です。

P1060138

内湯は硫黄泉のにごったお湯。

ガラス窓の外の木々の間から差し込むお日さまの光が
淡い乳白色の湯気にゆれて、なんとも幻想的な雰囲気なのです。

まるで天使が次々に降りてきてそう・・・

そんなことをぼ~~っと考えながら
お湯に浸かる時間の、なんと幸せなこと!!

ほわ~~~
頭も体も緩みっぱなしで、ここちよいなぁ~~

01/07/2006

2006年が始まりましたね!

明けましておめでとうございます。

お正月はいかがお過ごしでしたか?

今年も少しずつですが
ブログの更新をしていきたいと思っています。

よろしくお付き合いくださいね。

06010718

 ● 黒米の穂をいただいたので、
   超簡単なリースを作ってみました♪
   紫色の穂がとってもきれい・・・。

« December 2005 | Main | February 2006 »