« October 2005 | Main | January 2006 »

December 2005

12/16/2005

じんわ~りクリーム

PC160119

あったかい感じでしょ?
ふたをすると、
ころ~んと かわいいのよ。

おみかんの容器に入った
ハンドクリーム。
この容器だけが欲しくて
買ったのだけれど、
中のクリームは香りが気に入らなかったので、足に塗って使って・・・。

やっと中身が終わったので、
ハンドクリームを作って入れてみました。

みつろう、ホホバオイル、ココアバター、キャロットオイル

そして精油はローマンカモミール、フランキンセンス、レモン。

お湯や洗剤、アルコールにさらされて
あかぎれっぽくカサカサになった手と
指先のささくれのケアのための配合です。

乾燥気味の手には、ハンドクリームを塗る前に
まず水分をたっぷり入れて潤いを与えておくと、
しっとり感の持ちが随分違う気がしています。

お顔には化粧水をあげて、クリームで保護しますね。
手や足にも、同じことしてあげなきゃ♪

水仕事が一段落するごとに、まめに擦り込んであげます。

木枯らしの音をききながら、こたつに入ってぬりぬり。
あったかさがじんわ~り広がる、幸せなひと時です。

ついでに手のマッサージなんかもしたりして。
「よう、がんばってくれてるねぇ・・・お疲れやねぇ・・。」って
手に声かけしている自分に気がついて、くすっと笑いながら。

12/09/2005

ライムの香りに包まれて♪

さすが師走です。

毎日何かしら しなければならない事が目白押しです。
今朝も朝ごはんの片付けをしながら、
今日の予定を頭のなかで確かめていきます。

・・・10時からPTAの会議。
そうそう・・兄ちゃんの布団を干して、シーツも洗っておかないと・・。
昼からのエアロに行けるかなぁ。
あ~だめだ、子どもたち、鍵を持って行ってないわ。
じゃあ、その時間は依頼されてたレジュメを仕上げよう。
そうだった・・銀行に行くのは絶対に忘れないようにしないと。

頭の中が、ハムスターの回し車のように
クルクルとせわしなく回っているよう。
なんだか気持ちまで何かに急き立てられているみたい。

このせわしない感じ・・なんか嫌だな。

シンク横に置いてあるライムの精油のボトルに
ふと目が留まりました。

( うちでは、使用期限が過ぎてしまった柑橘系の精油を
掃除のときにいつも手に取れるよう、台所に置いてあるのです。 )

食器を洗い終わったシンクに重曹を振りまき、
ライムの精油をポタリ・・ポタリ。
スポンジで擦っているうちに、すがすがしい香りが広がります。

あ~~いい香り♪

あら・・
あのせわしない嫌な気分はどこへ行ったんだろう??

精油は気分転換にとっても役に立つ・・ってよく言うけれど、
こんなにすぐにリフレッシュできてうれしいなぁ。

みなさんのお宅にも古くなった柑橘系の精油が
ありましたら、ぜひお掃除に使ってみてください。

油汚れをすっきりしてくれますし、
なにより、気分よく掃除できるのが精神衛生上よろしいでしょ?

別の部屋で作業して台所に戻ってくると、
ライムの香りがほんのり漂って、いい感じ♪

年末の大掃除。
シトラスの香りに包まれてがむばってみようかな・・。

 

12/07/2005

シェフ パティシエール 直伝の味 Ⅰ

PC040104

生クリームでデコレーションしたブッシュ・ド・ノエルを習いました。

講師は
かの有名な「ル・コルドンブルー」 ロンドン校で学び、
数々のホテルのレストランでパティシエの長として経験を積まれた
いわば、超エリ~トでございまぁ~す。
30歳の女性・・というのがまた驚きでしょ??

プロの技、裏技を教えていただける機会なんて
本当に貴重です。
あ~~なんて幸運なんでしょう♪

今回は
ロールケーキ用とショートケーキ用2種類のスポンジを。
ロールケーキはしっとり柔らか、
ショートケーキはこころもちしっかりと・・・

用途に応じて配合やレシピが違うなんて、
教えていただくまで気に留めた事もありませんでした。
スポンジを薄く焼けばロールケーキ用?な~んてレベルです、私。
とほほ・・でしょ?

スポンジは10分弱で焼きあがります。
お手軽ですね!

さあ・・・クリームとフルーツを巻いていきますが
その前に、シロップをスポンジに塗っておきます。
こうすると、しっとりとした仕上がりになるんですよね。

大抵、料理用の刷毛を使って塗る場合が多いですが
いいアイデアを聞いたんですよ♪
シロップをスプレーボトルに入れて、シュッシュとするんですって!
これなら、刷毛の毛が抜けてスポンジに着いたりするのを
気にしなくてすみますよね。

なるほど~~

生徒一同、納得でした。

おうちでも、もう一度焼いてみよーっと。
なかなか同じようには出来ないけれど、
自分ひとりの力でどんな風に仕上がるのか・・ぜひ試してみたいな。

講師のかたは
現在ホテル勤務を退き、
ネット販売にむけてHP作成中だそうです。
ケーキ作りで失敗しやすい例や対処法なども
紹介してくださるんですって。楽しみです♪

めでたくオープンされた暁には
またご紹介させていただきますので、
ぜひご覧になってくださいね。

 

12/01/2005

サンタさんは本当にいるの?

PC010101

12月になりましたね。

お久しぶりです、みなさま。
お変わりありませんか・・?

今年もあと一ヶ月足らずだなんて
信じられませんね。

クリスマス、大晦日にお正月・・・

いそがしくなりそうです。。。

「サンタさんはお父さんなの?」
9歳の娘の大きな瞳はとっても不安げに、じっと母を見つめて尋ねました。

「○ちゃんが、サンタさんは本当は居なくて
 お父さんがしてる・・って言ってたよ。

 でも・・・ふうかちゃん、サンタさんにプレゼントお願いしてたら
  ちゃーんと届けてくれたよ。 」

「ふうかちゃんはサンタさんが居ると思ってるの?」

「うん!!」

「そう信じているんだったら、きっとサンタさんはいるよ。
 今年のクリスマスもプレゼントを持ってきてくれるよ。」

               *  *  *  *  *  *  *

ず~っと遠いむかし。

毎年クリスマスの朝に
プレゼントを枕元に置いていてくれたサンタさんは
ある時期を境にお休みしてしまいました。

すこし大きくなった女の子は、
サンタさんが来なくなったことを気に留める風もありませんでした。
お友達と過ごすクリスマスが楽しくて仕方ありませんでしたから。

時が流れ、すっかり大人の女性になった女の子のもとに
久々に現れたサンタさんは、若い男性の姿♪
若いサンタはロマンティックで優しい時間をプレゼントしてくれました。

でも・・サンタさんは随分お忙しいのでしょう。
またまた少しの間、お休みされていました。

次にやってきたのは、なんとも愛らしいサンタさんでした。
そのサンタは、
「目の前にいるかわいい子どもたちを
どうやって喜ばせたり、ビックリさせてやろう・・」
といったワクワクする機会をプレゼントしてくれました。

何年も何年も楽しいプレゼントをいただきました。
サンタさん、あと1、2回でそろそろまたお休みですね。

いつもいつも暖かい心や幸せな気持ちを運んでくれて、ありがとう。

私たちを喜ばせることが何より大好きなサンタさんは
これからも姿、形を変えて私たちの心の中に現れてくれるのでしょう。

あと10年経ったらどんなサンタさんがやって来るのかな~~

ふふっ・・たのしみです♪

サンタさんの存在を感じることのできる
心の平穏を、ずっとず~っと持ち続けることができたなら
どんなに素敵なことでしょう。

 

« October 2005 | Main | January 2006 »