« 露地もん トマト | Main | すいかとそうめんとアロマテラピー »

08/23/2005

ウニ丼、イクラ丼

若い頃旅した北海道は積丹半島、小樽方面には
おいしい思い出がいっぱいです。

食いしん坊の私の、この旅の第一目的は
本物の「ウニ丼」「イクラ丼」を食べることでした。

積丹の岬めぐりの後、お寿司屋さんで
お待ちかね、「ウニ丼」とご対面です。

丼には、このあたりで採れるらしいバフンウニが敷きつめられ、
つぶ貝のお刺身ものっていました。

一口食べてみて・・・
「これがホンモノのウニなのか!!」と衝撃を受けてしまったよ。
何よりもその甘さに驚きでした。

ムラサキウニよりも、濃厚で甘みの強いバフンウニ。
こっちのほうが数段おいしいと思います。

中身がびっちり詰まったバフンウニは、夏が旬だとか。
とげとげのない、まあるい形がとってもキュート♪
小学校の頃から図鑑であなたの姿を知ってたよ!
でも名前がかわいそうね・・
もう少しかわいい名前を思いつかなかったのかしらん??

華々しいウニとの出会いに比べて、
イクラちゃんとの出会いはちょっぴり影を落としてしまいました。。

小樽で、なんでもビッグサイズ、大盛りで有名な居酒屋さんで
ご対面したイクラ丼は、下のご飯が見えないくらいイクラがびっちり。

大きな赤オレンジの粒は つやつやと光っていて、ほんとうにきれい。
たっぷりのイクラとご飯をほおばると、あ~幸せ!

プツンとはじけたイクラから、じゅわ~っと染み出た卵は
これまた甘くて濃厚で・・・。(お決まりの表現でスミマセン・・)

でも、でも。
ほんの数口で気持ち悪くなってきてしまいました。
最後までどうやって食べてしまったのか覚えていません。

カウンターごしに「おいしいっしょー??」と
にこやかに笑うおじさんの手前、残すわけにはいかない・・と
必死だったことだけが心の隅にちょこんと居座っております。

思えば一粒に魚一匹が育つための栄養が詰まっているんだもの・・
そうそう たくさん食べられる代物ではないのですね。

回転寿司屋さんで、
イクラを食べている よい子のみなさん!
おいしいものは大人になってから。
本物を少しだけ食べましょうね。

 

« 露地もん トマト | Main | すいかとそうめんとアロマテラピー »

「おいしいものたち」カテゴリの記事

Comments

おお!初に遊びにきてみたら~めちゃ美味しそうな話題だわ~私は先々月←6月 に初めて北海道に旅立ってきました!(^^)! でも残念ながらあまり美味しいイクラ丼にもウニ丼にも出会えなかったの~丼にはの意味ね。お寿司では食べてメチャ美味だったのですけど。丼のイクラ丼はなんとダシ漬けのイクラでねぇ~私は塩の方が好きなんですよ。残念でした~

そうそうウニと言えば高校生の時に生物の実験でウニの受精卵を作るっていう実験(?)があって私は上手くできたのを思い出します。殆どの人が上手にできなくて先生にも褒められたなぁ~←人生において殆ど褒められた事のないひと。で、その事が今も心のどっかに残っているらしくて受精卵とかいうとピクッて反応を示す変な私です。もっとおつむが良ければ理系の生物関係に進んだかもねぇ~(^^ゞ

みけにゃんさん、
遊びに来ていただいて、うれしいです!

おいしい北海道の旅、一番気候の良い時だったのでは・・?
四季を通じておいしいもの、美しい風景に出会えそうですよねぇ。。好きだわ、北海道。。


ウニの人工授精!!
面白そうね・・て、私は しっかり文系人間なんですが・・・。

受精卵はその後、観察したの?
確かウニって
変態いや、変体していくんじゃなかったっけ?

私も文系でしたよ!でもどういうわけか生物と数学はかなり英語より好きだった~でも世界史が一番成績が良かったから文系にしたの~その後、受精卵どうしたのかなぁ~覚えてないです(^^ゞ受精卵ができて褒められたことしか覚えてないのだアハハ

人間って、「人からほめられたい」って熱く思っている生き物なのですね。

だって・・
認められたり、ほめられたりすると、本当にうれしいもの。。
長い歳月を経てもその喜びは、ず~と心の中に居続けているのですね。

生物の先生も、みけにゃんさんがいまだに
ほめてもらったことを覚えてるって知ったら、感激するでしょうね~~

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83386/5595031

Listed below are links to weblogs that reference ウニ丼、イクラ丼:

« 露地もん トマト | Main | すいかとそうめんとアロマテラピー »