« まったりと・・・ | Main | 赤いオレンジジュース »

07/22/2005

野球部の夏が終わって。

お兄ちゃんの中学生最後の野球の大会が終わりました。
負け試合から帰ってきて、ポツリと言いました。
「高校になったら、たぶん野球はせえへんで」・・・と。

二回戦、メンバーに息子の姿はありませんでした。

ベンチで大きな声援を送り、
チェンジの時、同級生にヘルメットとグローブを渡す姿を見たとき、
思わず目頭が熱くなって、涙がこぼれそうになって困りました。

二年生が出場しているのを見て、
「うちの子は、そんなに下手な筈ないのに・・・。」と
心がざわつき、試合中も「気もそぞろ」状態。
野球を始めた頃からの、いろんな思いが駆けめぐった母でした。

「結局、あんたは結果をよう出さん子やったん?」

目の前に広がる光景は、試合に出れない「不憫さ」と
負けん気が弱いわが子への「叱咤」と、いろんな思いを交錯させました。

小学4年生の時に見た甲子園での高校野球の試合に刺激をうけて
「野球がしたい!」と言ってきた時の、主人の喜び様ったら・・・。
男親は、男の子は何かスポーツをしてほしい・・って思いが強いようですね。
そして5年生で軟式少年野球チームに入りましたが、
低学年から入部して何年もしている うまい子たちばかりの中で
息子は明らかに浮いていました。

そのギャップを埋めるべく、がむしゃらに努力することもなく、
それでも練習はきちんと参加する姿に、イライラしたり、ハッパをかけたり、
私たち夫婦はやきもきしていましたっけ・・・。
主人なんて、のんびりしている息子を公園へ連れ出し、
キャッチボールにバントの練習に・・と一生懸命だったなぁ・・・。

マイペースの息子でしたが、すばらしい監督やコーチとの
出会いの中で野球の楽しさを教えていただき、
「中学はもちろん野球部!」という姿に、主人も満足そうでした。

転校先の中学校の部活では
先生との折り合いが悪かったようです。

それにしても・・・

「もうちょっと、努力した方がええのと違う?」と
言いたくなるほどのマイペースぶりは変わっていないので
試合のメンバーからはずれたのも、仕方ないのかな?

結局、試合の最後まで出番はありませんでした。。。

「明日から受験勉強するで!」

今日の負け試合や、試合に出れなかったことなど
無かったかのように ひょうひょうとして、すでに気持ちを切り替えている息子。
いつまでも小さなことにこだわっているのは母で、はずかしくなってしまったよ。

結果はしっかりと出していた・・・
静かに、しかも大きく。
母をどんどん追い抜いていくんだね。

さらっと流していく器用さ。
そんなすばらしい一面は、これから出て行く社会の荒波の中で
大いに役に立つのかもしれないね。

野球以外でもっと熱くなれるものがあるのかも知れない・・・
またすばらしい指導者との出会いで、野球を続けるのかも知れないね。

今の君の姿を見ていると、
未来にどんなすばらしい出会いがあるんだろう?ってとても前向きな気持ちになるよ。

今まで熱くなったり、ハラハラしたり・・
楽しい思いをさせてくれてありがとう!

子育ては時として大いに悩み、シンドイこともあるけれど、
子どもたちは思い出という素敵な贈り物を
親に授けてくれながら大きくなっていくんですね。

巣立った後も
抱えきれないほどのプレゼントは年老いた私たちに
幸せな気持ちをはこんでくれたり、励ましたりしてくれるんだろうな。

あ~~今、
なんだか ラムネ飲んだ後みたいな爽快感♪が
からだ中に広がっていく感じがするよ。

うん、いい感じ。。

 

« まったりと・・・ | Main | 赤いオレンジジュース »

「つらつらつづり」カテゴリの記事

Comments

読んでいて私もジーンときちゃいました。
うちの次女も先月部活を引退しました。
目標にしていた全道大会出場目前で敗退。
部員全員が号泣して、顧問や母達も涙したけど、
今は気持ちを切り替えて、受験勉強中です。
気分転換なのか、今日は差し入れを持って、
部活を見に行きました。
「球出しやストロークの相手してくる。
後輩には秋の全道大会に行って欲しいから!」って言って・・・
中学から6年間続けてきたテニス。
大学に行っても続けると言っています。
本当に、子供たちは思い出という素敵な贈り物を
授けてくれながら大きくなっていくんですね。
子供と一緒に一喜一憂したことすべてが宝物ですよね♪

パタパタママ、おはよう~

パタパタママんちの下のおねえちゃんも
受験に向かってまっしぐら!なんですね。

おねえちゃん、後輩思いの良い子に育っているなぁ~

本当に・・・
子どもたちからいっぱいの宝物は
私たちを幸せな気持ちにしてくれます。

すくすくと大ききなってくれて、ありがとう!って
ぎゅ~~って抱きしめてあげたくなるよ!!

みどさん、おはよう♪

息子さん、野球を一生懸命頑張られて、
そうして夏が終わったのですね。

読ませて頂いて、中学生の時、
あまり上手ではなかったけど、
リベロで頑張っていた次女の姿も思い出し、
しんみりしてしまいました。

子どもが一生懸命プレーする試合は
どんなに素敵なオリンピックの競技よりも
ドキドキハラハラしますよね。

そしてそんな試合に出してもらえない時も
親心はとても複雑でした。。。(^^;


お兄ちゃん、今度は受験が待っていますね。

野球で身に付けられた根気強さや
集中力を受験に生かされて、
今度は素敵な春を迎えることが出来ますように。。。!(^^


ママ、こんにちは♪

感傷に浸っているのは母だけで、
息子はあっけらかんとしたものです。。

また違ったハラハラドキドキが続くけれど
それもまた楽し・・ですよね!

いろんな試練を乗り越えて行く姿を
少し距離を置いて見守っていけたらな・・。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83386/5092713

Listed below are links to weblogs that reference 野球部の夏が終わって。:

« まったりと・・・ | Main | 赤いオレンジジュース »