« June 2005 | Main | August 2005 »

July 2005

07/31/2005

こころに添った言葉かけ

娘が幼稚園の頃。

私がダンボールで一瞬、手を切ってしまった時、
本当に痛くって、血を見ながら「痛い~~」と騒いでいたら、
娘が「痛いね~、つらかったね。」と そっと言いました。

その言葉は
以外にも私をとても穏やかな気持ちにしてくれました。
人って気持ちに添った優しい言葉かけで、こんなにも
こころが落ち着くものなんだなぁ・・ってすごく感激したっけ。

ささいな出来事は素敵な発見を連れて来てくれました。

娘が入院していた時、
隣のベッドでは手術を終えた小さな女の子が戻ってきました。
術後の手当てをしに看護師さんが来ましたが、
痛いのでしょう、嫌がって手当てができないようでした。

「これをしないとバイキンが入って大変なことになるのよ!
お願いだからさせてちょうだい!!おねがいだから~」

看護師さんの苛立った大きな声に、
カーテン越しの私のこころもキュ~ンと縮こまってしまいました。

もっともなことなんだけれどねぇ・・・

辛かったり、痛みがあったりする時、
正論をあれこれ並べる意味ってないような気がします。。

つらいね~って
気持ちに寄り添ってくれるだけでいい
そして手なんか握ったり、さすったりしてもらえたら
どれほど楽になることでしょう。

ひとの心って複雑なようで単純、
単純なようでフクザツ・・・ですね。

 

07/30/2005

赤いオレンジジュース

十数年前、
イタリアンのランチで初めて飲んだ、ブラッド・オレンジジュース。
衝撃でした!

このトマトジュースのような色、
グレープフルーツのような苦味がちょっぴり・・・
後味すっきりの甘くないオレンジジュースに
私は恋をしてしまったのでした。

以来、輸入食料品のお店で見かけると
時々おうちに連れ帰って、大人のお楽しみ♪にしています。
(だってジュースにしては結構なお値段なんですもの・・)

売られているのは、紙パックの100%ジュースを
冷凍にしたものがほとんどですが、
この前、スーパーでセールをしていた こちら・・・
Bonne Mamanのジュースと出会いました。

P7300048

あの赤いチェックのふたがかわいくって~

空きビンがまた使えるよな~・・なんて
自分を納得させながら、お買い上げしました!!

さ~て空きびんは、どうしましょ?

梅酒をいれたり、夏だと麦茶を入れたり・・・も いいかも。

07/22/2005

野球部の夏が終わって。

お兄ちゃんの中学生最後の野球の大会が終わりました。
負け試合から帰ってきて、ポツリと言いました。
「高校になったら、たぶん野球はせえへんで」・・・と。

二回戦、メンバーに息子の姿はありませんでした。

ベンチで大きな声援を送り、
チェンジの時、同級生にヘルメットとグローブを渡す姿を見たとき、
思わず目頭が熱くなって、涙がこぼれそうになって困りました。

二年生が出場しているのを見て、
「うちの子は、そんなに下手な筈ないのに・・・。」と
心がざわつき、試合中も「気もそぞろ」状態。
野球を始めた頃からの、いろんな思いが駆けめぐった母でした。

「結局、あんたは結果をよう出さん子やったん?」

目の前に広がる光景は、試合に出れない「不憫さ」と
負けん気が弱いわが子への「叱咤」と、いろんな思いを交錯させました。

小学4年生の時に見た甲子園での高校野球の試合に刺激をうけて
「野球がしたい!」と言ってきた時の、主人の喜び様ったら・・・。
男親は、男の子は何かスポーツをしてほしい・・って思いが強いようですね。
そして5年生で軟式少年野球チームに入りましたが、
低学年から入部して何年もしている うまい子たちばかりの中で
息子は明らかに浮いていました。

そのギャップを埋めるべく、がむしゃらに努力することもなく、
それでも練習はきちんと参加する姿に、イライラしたり、ハッパをかけたり、
私たち夫婦はやきもきしていましたっけ・・・。
主人なんて、のんびりしている息子を公園へ連れ出し、
キャッチボールにバントの練習に・・と一生懸命だったなぁ・・・。

マイペースの息子でしたが、すばらしい監督やコーチとの
出会いの中で野球の楽しさを教えていただき、
「中学はもちろん野球部!」という姿に、主人も満足そうでした。

転校先の中学校の部活では
先生との折り合いが悪かったようです。

それにしても・・・

「もうちょっと、努力した方がええのと違う?」と
言いたくなるほどのマイペースぶりは変わっていないので
試合のメンバーからはずれたのも、仕方ないのかな?

結局、試合の最後まで出番はありませんでした。。。

「明日から受験勉強するで!」

今日の負け試合や、試合に出れなかったことなど
無かったかのように ひょうひょうとして、すでに気持ちを切り替えている息子。
いつまでも小さなことにこだわっているのは母で、はずかしくなってしまったよ。

結果はしっかりと出していた・・・
静かに、しかも大きく。
母をどんどん追い抜いていくんだね。

さらっと流していく器用さ。
そんなすばらしい一面は、これから出て行く社会の荒波の中で
大いに役に立つのかもしれないね。

野球以外でもっと熱くなれるものがあるのかも知れない・・・
またすばらしい指導者との出会いで、野球を続けるのかも知れないね。

今の君の姿を見ていると、
未来にどんなすばらしい出会いがあるんだろう?ってとても前向きな気持ちになるよ。

今まで熱くなったり、ハラハラしたり・・
楽しい思いをさせてくれてありがとう!

子育ては時として大いに悩み、シンドイこともあるけれど、
子どもたちは思い出という素敵な贈り物を
親に授けてくれながら大きくなっていくんですね。

巣立った後も
抱えきれないほどのプレゼントは年老いた私たちに
幸せな気持ちをはこんでくれたり、励ましたりしてくれるんだろうな。

あ~~今、
なんだか ラムネ飲んだ後みたいな爽快感♪が
からだ中に広がっていく感じがするよ。

うん、いい感じ。。

 

07/20/2005

まったりと・・・

02010100

これはお豆腐です。
267円。少々お高いです。

その名も 「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」

サーフボードのようなその形が
ネーミングとマッチしていて、思わずクスッとしてしまいました。

面白いので買ってみました。
こだわりの原材料も気になっていたので・・・。

シンプルに冷奴でいただきました。

お~~この濃厚さ!この甘さ!!
まるで白子を食べているみたい。
おいしいです~

夏の暑い日、
サザンを聴きながら「豆腐屋ジョニ-」をいただく・・
ってのも、いいかもね。。

おもしろいHPがあるみたいですよ。
http//www.sanwatouyu.co.jp

07/17/2005

10時のおやつ

朝から蒸し暑い・・・

家事を適当にこなしていても、どっと汗が出てきます。

さーて、ちょこっと休憩なといたしましょう。。

05071505


スターバックス
で見つけた、
パイナップルチップス

ほんのり酸っぱい さくさくの軽いスナック♪
ついつい手がのびてしまいます。

野菜や果物のチップス、ドライフルーツや
ナッツ類をお茶請けにするのが好き。

おいしいのはもちろんだけれど、
ころん とした形だったり、優しい色合いだったりが
見ているだけでもかわいくって、心がゆるんでしまいます。

ところで、一緒にいただいたお茶は
レシピエ『ラムネ』という緑茶ベースのフレーバーティーなのですが、
パイナップルとは、う~ん・・・・合いませんでした~

やっぱりコーヒーとの相性のほうが良かったかな?

07/07/2005

七夕の願い

「誰にも言わないでね」・・・と念を押して
娘は学校で七夕かざりに書いた願い事を
こっそりと教えてくれました。

「空を飛びたいから羽根が生えますように・・」

なんですって。

なんてかわいいんでしょう!!
「天使さんみたいやね~~」と
思わず言ってしまってから
ふと思ったこと。

本当に天使になってしまったら、悲しいよ。。。

無邪気なこころを持ったこの子との
穏やかな時間がずっと続きますように。

そして一人でも多くの子どもたちが
おそろしい事件にまきこまれませんように。

母の願いです。

07/05/2005

Herb &Fruit Jam

05

こちらはパイナップルとタイムのジャム

タイムが入ることによって、大人のお味になっている気がします。

これはホテルのパン屋さんで買ったものなのですが、
おうちでジャムを作る時にも参考になりそう。。。

たとえば

リンゴとローズゼラニウム とか、
柑橘系とミント とか、
ベリーとアーモンドスライス  とか、どうだろう??

フルーツと何かひとつ・・・

ほんの少しのアクセントが、新しい発見を連れてきてくれるかも。

07/03/2005

冷たい前菜4種

富士急ハイランドのすぐそばにあるホテルのランチ♪

前菜がとてもかわいくて、
私たちにも取り入れられそうなヒントがいっぱい。

05

左から時計回りに・・・

*蒸しあわびのカクテル
    そら豆のグリーンが目に優しくて・・。
    柑橘系のジュレがかけてありました

*冷たいラタトゥイユ
    上には、小さく切ったモッツァレラチーズとバジルが・・。

*かぼちゃのスープ
    そのまま ごくごくといただきます。
    生クリームを控えた、あっさりとしたスープ。

*スモークサーモンの手まり寿司
    バルサミコ酢のソースが驚くほどマッチ♪

うす紫色のゆらぎ

05

ラベンダー畑を渡る風。

包み込まれて
うす紫色の国へ。

« June 2005 | Main | August 2005 »