« February 2005 | Main | April 2005 »

March 2005

03/28/2005

アイロンタイムは、泣きたいくらい懐かしい情景たちに出会える時間

みなさんはアイロンがけしている時って、どんなこと考えていますか?

私は何時からかお気に入りの音楽とともに、
懐かしいひとコマを切れ切れに引っ張りだしながらの
アイロンがけが日課になっています。

ある日はこんな感じ・・。

ずっとずっとレンゲを摘んでいた、紫色のお花畑。
ここち良いお日様に抱かれて。

第二ボタン・・欲しいと切り出した誰もいない静かな廊下。

公衆電話Box。
好きな男の子に電話して、本人が出たとっさに
友人に受話器を手渡したこと・・・。

「急ごう!」と手をとられ、終電に乗るために走った駅の構内・・・
サンダル履きの私は、ついていくのに精一杯だったっけ。

両親の愛に包まれた穏やかな時の中で流れていた
いとおしい情景に出会う、アイロンタイム。
今日はラベンダーとグレープフルーツのエッセンシャルオイルで作った
ミストを洗濯物に振りまいて・・・。

さてさて・・
次回はどんなシーンが顔を出してくれるのかしらん?ふふっ。。

P1010105
●学生時代にダビングしたテープたち。
時々聴いてみたくなって引っ張り出してきます。

03/15/2005

ローズゼラニウムのクッキー

02010100.P1010093

ローズゼラニウムの葉っぱとアーモンドの入った
ころころクッキーを作りました。
ほんの~りローズの香りがいい感じ♪
粉さとうをまとって、ちょっぴりおすまし。
娘が学校帰りに摘んでくれた、お土産のお花たちと一緒に・・・。

そうそう・・・
こちらの「Cozy」もアップしました。
ご覧くださいね。

03/14/2005

つくしんぼ

02010100.P1010087

おうちの横の原っぱで、
ひょっこり顔を出していたよ。

つくし・・つくしんぼ・・土筆・・・

漢字で書くと、なんかとっても和風な感じ。

03/11/2005

慌しい日々の中で(3)

日本アロマテラピー協会のHPで出会ったのは、
すぐ近くで認定校を開校されている方のHPでした。

ハーブやアロマへの思いが綴られている文章を拝見するうち 、
この方とお会いしたいな・・と直感しました。
だって、つい今しがた半身浴をしながら考えていた思いと
同じような内容が書かれていたんですもの・・・。
自分と同じ様なおもいを持ってアロマに携わっている方がいらっしゃる!!
偶然にもこんなご近所で!
なんだかご縁を感じてしまいました。

「インストラクターの資格を持っているのですが、
何かお手伝いさせていただけることはありませんか?」
・・・とお会いしたことも無い先生に厚かましくも早々にメールを送りました。

こんな未熟なメールに対して
「今度遊びにいらしてください」とお返事をいただきました。

以後何度かお邪魔する度に、
参考図書を教えていただいたり、東京での勉強会をご一緒したり、
ご自分の講座のアシスタントとして参加しませんか?と誘っていただいたり・・・。
私にとっては本当に光栄な出来事がどんどん訪れる・・
そんな一年を過ごすことができたのです。
(先生、ありがとう!!)

自分自身が思い描く素敵な未来は
必ずかなえられる時がやってくる。
自分をサポートしてくれる人との出会いを通じて・・・。

そんな出会いに感謝して、
ちっちゃな目標を達成していく充実感を感じながら
日々を過ごしていければ、
こころ豊かに暮らせるんだろな~と思います。

そしていつの日か
私がいただいた知識や手助けを
それを必要としているひと達にまた返していければ、
こんな素敵なことはないでしょうね。

それにしても・・・

私が陥ったヤル気の出ない状態は、どうもうつっぽい。。。
結構プラス思考を自負していた私が、うつ
そんな事ってあるのかな~??
そんなはずはないと思うんだけど。

いえいえ・・・あるみたい。
女性は特になりやすいみたいなんですよ。
女性特有のうつについては、
また別の機会に・・。

 

03/09/2005

切れない包丁

切れない包丁を
気になりながらも、ずっと使っていました。
菜っぱをざくざく切るたびに
「痛い、痛い・・」と言っている様でした。

やっと今日・・・包丁を研ぎ、
マリネ用に切った玉ねぎの薄切りたちは
満足してくれたかな??

『おむすびの祈り』の著者、佐藤初女さんが
野菜を切るとき、野菜が喜ぶように切ってあげる・・
と、何かの雑誌でおっしゃっていたのを思い出しました。

みんな命あるもの。
「いただきます」は命をいただきます。。だものね。

*****

夕食の準備をしていて、ふと思いついたので
パソコンの前に座ってしまいました・・。
ふふっ・・
まだ余裕だものね~~

ハムのマリネはもうできているし、
あとはお好み焼きの準備だけ。
楽勝よ~ん。

いちご大福の作り方

いろんな作り方があると思いますが、
このお餅は次の日も柔らかくて、
簡単にできるので、オススメですよ。

◆材料◆(10個分)
・上新粉 40g    ・白玉粉 80g
・砂糖  40g    ・水  230cc
・イチゴ 小10個  ・あんこ 200g
・かたくり粉 適量

◆作り方◆
①いちごのへたを取って、あんを10等分する。
 いちごの先端4分の1ほどを残して、あんで包んで丸くする。

②生地を作ります。
 ガラスのボウルなどの耐熱容器に上新粉、白玉粉、砂糖を入れ
 水を少しずつ注ぎながらなめらかになるまで混ぜる。

③②にラップをかけ、電子レンジ600ワットで、
 まず、1分半~2分。一度取り出してヘラなどで全体を混ぜる。
 これを3回ほど繰り返して・・・。
 生地が粘って、全体的に透明感が出たらOK。
 (おうちの電子レンジと相談しながら、時間を調節してね)

④バットにかたくり粉を敷き、その上に熱い生地を取り出す。
 10等分して、あんを包んだら、出来上がり~~

ねっ!簡単でしょ??
このお餅でバニラアイスを包んだら、
雪見だいふくが作れるかな~なんて思ったり・・・。
こんど試してみようと思ってます。

03/07/2005

かわいいなぁ・・いちご大福♪

近くのいちご農家の方から、
とびっきり採れたてのイチゴを分けてもらいました。
キッチンは春の香りでいっぱい。
う~~ん、シアワセ!
おっきい子たちは、そのままカプリ!
ちいさい子たちは『いちご大福』に・・。

P1010087

初挑戦の『いちご大福』はちょっぴり不格好・・
まわりのお餅がと~ても柔らかなので、包みにくくって。
(アイスの雪見だいふくみたいなのよ~)

白いあんこが、優しい感じに仕上がるので好き。

03/02/2005

慌しい日々の中で(2)

P3010073



新しい生活

ダンボールが片付いて少し落ち着くと、なんだかパワーダウンしてきました。
何もする気が起こらない・・・。
家族を送り出すと、布団に戻って本を読んだりしてずっと過ごしたり。
その日に着る服もなかなか決まらない、食事のメニューを考えるのも苦痛。
大好きな食べることにも意欲がわかなくなっていました。

原因は何となく心当たりがありました。
TV番組と買い物。
たったそれだけの理由?
そうなんです、そんな些細なこと。

私はあまりTVを観る生活ではないのですが、
時々つけた時にしている、関西のお笑いバラエティ番組を観ては
大笑いして元気をもらっていました。
でも、こちらではそういった番組はひとつもしてないの。
最近、笑うことがあんまりないなぁって。

今日は久々にこのメニューにしよう!
材料を買いにでかけても、揃わない・・。別の店へ・・やっぱり無い。
時間だけがどんどん過ぎて、結局揃わなかったということが
何度か続きました。
あ~あ・・・

家にこもっていると、どんどん気が滅入ってくるから
ウォーキングにでもでかけよう!!
近所を歩き回りましたが、気持ちよく歩ける場所に出会えず、断念。。

つまらない・・つまらない・・
今は何してもうまくいかない時期なんだろうな・・・
チカラが沸いてこないよ~~

そんな生活が二ヶ月ほど続いたでしょうか。

ある時、ふと思いつきました。
そうだ、エッセンシャルオイルを入れて、半身浴をしよう!
だれも居ない時間に、静かな音楽を流して。
・・自分は何がしたいんだっけ?
 自分はどういう風に暮らしていきたいんだっけ?・・
一時間ほどでしょうか、自分自身の内面と向き合ってみました。

≪そうやん。私はアロマテラピーをライフワークにしようと思っていたんやった。≫

気づきを得ると、何だか気持ちが上向きになってきたような気分!
心も体もあったかくなってお風呂からあがると、
真っ先にパソコンに向かいました。
何の目的も無かったのですが、
日本アロマテラピー協会のHPを開きました。
そこには、今の私のアロマのある暮らしを手助けしてくださる方との
出会いが待っていました。

つづきは、また♪

■□ 写真はミモザ(小さくて見にくいですね・・) 
    もうすぐかわいいお花たちに会えそうです。。□■

« February 2005 | Main | April 2005 »