Main | March 2005 »

February 2005

02/22/2005

ごろごろ夏柑ゼリー♪

さて、甘夏たちをゼリーにしてあげよーっと♪
まずは下ごしらえ。

甘夏たちは皮を剥き、食べ易い大きさにして
タッパーなどにいれます。(そのままの大きさでもok)
一個につきハチミツ大さじ3程入れ、軽くまぜます。
そして、冷蔵庫で一日ほど寝かせます。・・zzzzzzzzz

ジュースがたっぷり出てくるのでそれをそのまま使います。
もう少し寝かせて、ハチミツがたっぷり浸み込んだ実も
おいしいですよ~~

P2220055

≪材料≫
実とジュース・・・カップ2
ゼラチン ・・・・・・5g

≪作り方≫
①ゼラチンを大さじ2の水でふやかしておきます。
②鍋に実とジュースを入れ、火にかけ
 少し温まったらゼラチンを入れて溶かします。
③溶けたら火からおろし、容器に入れて
 冷蔵庫で2時間くらい冷やし固めて、出来上がり!!
 
 ****火からおろしてから、グランマニエ大さじ1を
      加えるといい香り~~****

02/18/2005

生き残った甘夏たち。

生協の個配で注文していた甘夏が届きました。
中には生産者の方(水俣みかん共同出荷組合)から
こんなメッセージが入っていました。

(中略)
台風のたびに木は根こそぎ揺さぶられ、果実は振り回されます。
この風に堪えて残る果実はあるだろうか、と思うほどの強風でした。
何本かの木が倒され大きな枝も折れ、葉も実も落とされました。
しかし、しっかりと残ってくれたものもありました。表皮には、
無数のキズを負ったはずですが、生きていればこそキズも癒え、
季節と共に色づき大きく成長してくれて、この度、収穫の時期を
迎えました。生命あるもの、不思議な力をあらためて実感させて
くれた今年の甘夏です。
(中略)

がんばったんやねぇ~。ようこそわが家へ。
いとおしくって、思わず頭をスリスリしてあげました。

さて、まずは「夏柑ゼリー」にでもしてあげようかな。
レシピはこの次ね。

02/15/2005

暖かい食卓

小学校でまた悲しい事件が起こってしまいました。
このような事件が起こるたびに、思うことがあります。

事件を起こしてしまった人たち・・
みんな赤ちゃんの頃、お餅のようなほっぺで周りの人々に満面の笑みを浮かべ、
ボンレスハムのような手足をバタバタと元気に動かしていたことでしょう・・。
少しずつ、少しずつ心の中に寂しい気持ちが膨らんでいったのでしょうね。
どんな食卓を囲んでいたのでしょうか。

ほんわか白い湯気、おいしそうな匂い・・
おいしいね~と、みんなの笑顔。

さもない日常の食卓のひとコマたちは、
子ども達が子どもらしく成長していくための心の引き出しに
少しずつ、じんわ~りと折り重なっていくのだと思います。
そして辛くなったとき、淋しいとき、様々な暖かな風景は
心の引き出しからひょっこりと顔を出して、優しく包み込んでくれることでしょう。
そうやって子ども達は、(いいえ・・大人たちだって)こころ癒され
また前に向かって歩いていけるんじゃないかな・・と信じたいです。

家族揃って食卓を囲むことが難しくなってしまった今の日本ですが、
食べること、そして暖かい食卓は、人間のカラダにとって、そして
こころの根っこの部分で一番大切なことなのではないかしら・・・。

私たちはそんなことを考えながら、時々背筋をしゃんと伸ばすことも
大切なのかな・・・と感じたりしています。

02/12/2005

慌しい日々の中で。

一年前の今頃、転勤が決まった我が家では
あれこれバタバタとした日々が始まっていました。

親しい友人とお茶を飲みながら話していた時のこと。
  「自分の意思ではなく、(自分の意思であっても)
 新しい地に赴くってことは自分たちにとってプラスになる経験が
 待っているから、きっと何かに導かれているんよね~」
  「うん、うん。絶対そんな気がする!」

その地で今まで培ってきたものや生活のリズムが
一旦途切れてしまうことはとても淋しく、未練もありました。
でもそれ以上に、新しい地でどんな生活がはじまるんだろう・・?
どんな出会いが待っていて、どんな風に人生が広がっていくんだろう・・?
そんな漠然とした期待感は、友人との会話のなかで
一層強くなっていったのでした。

毎日決まった時間に聴いていたFMラジオの番組に
「この春、関西を離れてしまいますが、大好きなアロマテラピーを
通じてまた新たな出会いがあるのでは・・と思っています・・」
という内容のメッセージとともに曲のリクエストをしました。
ラジオから私のリクエスト曲が流れ、DJの方から暖かい
応援メッセージをいただき、番組特製のマグカップも当たり、
ビックリするやらうれしいやら・・。
・・幸先いいスタートかも・・

プラス思考の私、大丈夫よ!
慌しい日々は春めいた前向きな気持ちの中で過ぎていきました。
自分の中にある、経験したこともなかったマイナスの意識を
その頃の私は知るよしも無かったのでした。

      //
    (・  )  つづきは、また・・

2005/2/12

02/10/2005

春の予感。。。

はじめまして。
「Cozy cozy ゆとりの時間」は今から4年前、
自宅でささやかなフットマッサージのサロン
(・・と呼べるほどのものではありませんでしたが)を始めた頃、
来ていただいた方やご近所の方々にお配りした季節の通信でした。
 季節の移り変わりや日々の暮らしの中で、気がついたことや大切にしたいこと・・
おいしいもの、好きなもの、そしてアロマテラピーのこと・・・。
ここち良い暮らしのエッセンスをたくさんの人と共有したいなぁ・・・
A4の用紙にそんな想いを込めました。
 残念ながら主人の転勤でこの通信は途絶えてしまいました。
何かの形で再開したいな・・という思いがこのブログをはじめたきっかけなのです。

関西から小田原市へやって来てもうすぐ1年が経とうとしています。
東へ向かう新幹線の中でお弁当を食べていたら、
ポロポロ涙が止まらなくて困ってしまいましたっけ。
引越しの荷物が入る日、ポカポカと優しいお日様を
浴びながらふと新居の横の原っぱを見ると、
たんぽぽやつくしんぼたちが私達を迎えてくれていました。
春の予感は私にふっと力をぬくことを教えてくれたようでした。

さあ・・そして2回目の春。
みなさんとの出会いが、またあらたな楽しい時間を作ってくれそうな予感です。
不定期のアップになると思いますが、どうぞよろしくお付き合いくださいね!!

2005/2/10

Main | March 2005 »